Insurance

アメリカのフライトスクールは訓練生が事故を起こして怪我をしたり、他人や物件に損害を与えた場合等を考えて、航空保険に加入することが法律で義務付けてられています。しかし、契約する保険金額はスクールによって自由、支払金額も異なります。

スクール例

補償金額(満額)*

カリフォルニア州のスクール**

約2250万円

多くのフライトスクール

(アメリカ全土)

約900万円

大手フライトスクール

約4500~6750万円

当社

約9000万円

*$1=¥90
**州法にて規定

上記記載のように、当社の保険は訴訟社会のアメリカでも十分な補償金額と言えるでしょう。もちろん事故が無いに越したことはありませんが、海外で訓練を行うにあたり、万が一の時でも、このような確実なバックアップがあれば安心です。

(ただし今まで参加した日本人生徒の皆様は、全員日本で個人的に保険(旅行者用損害、損害保険等)に加入しており、二重の安全として当社でも個人保険の加入を勧めています。)

 

飛行機レンタル時の保険

保険加入済みの為、ライセンス取得後の時間付などにも安心してご利用いただけます。レンタル時の保険に加入しているスクールは非常に少ないため、弊社でレンタルすることは大きなメリットとなるでしょう。